読書

2012年3月23日 (金)

読書録.ver17 毎月新聞

毎月新聞  著)佐藤 雅彦

久しぶりに書くことにした。専門書でもないけど、かなり面白い(まだ読み切れていないから)。

佐藤雅彦はメディアクリエーターという謎の職業に就いている。
慶應義塾の教授を勤めていたこともあり、現在は東京芸大の教授であるようだ。
ピタゴラスイッチの監修者の一人でもある。

新聞と言っても、毎日新聞の中に月1回連載されたエッセイ集だ。
特に面白かったタイトルと、その一部とを引用させていただくことにする。
蛇足ながら、古本屋でこれを105円で手に入れることが出来たのは僥倖だった。

以下引用 改行は筆者
【基本は大人になってから】

「基本が大事」ということと「基本から教える」ということは単純にイコールではない。

-中略-

基礎こそ、それが基礎であるということがわかるくらいのハイレベルな理解が必要なのである。
小学校でも中学校でも、教わることは沢山ある。その上で、どれが基本的な考え方で
どれが末節な知識なのかという、ウェイト付けのような高度な知的作業は、
自分が小中学生だった時のことを思い出せば、無理なことがわかる。

-中略-

このように、『基本的なことが何故基本的なのか』が自らわかるのは、
一度いろんな事がわかった上での事である。

「基本が大事」なのはもちろんである。しかし同時に、基本を学ぶことは難しい。

-略-

 この記事にはドキリとした。
最近、心理臨床の世界での新人さんと話す機会があってその時の体験とリンクしたからだ。

 新人さんの事例を検討するという勉強会の中だったので、こちらとしてはなるべく
こちらの意図が伝わるように、基礎的なことに焦点化して、わかりやすく説明をしたつもりだった。
ただ、その説明が伝わっているようには感じなかった。
これは相手のバーバル、ノンバーバル、ボーカルな反応を見ての、こちら側の印象である。
そして、○年前には同じような立場にいた、自分の体験でもある。

 経験の無いことを想像する、考えるという作業は人間にとってかなり難しいことなのだろうと思った。
ある程度、自分の手足と頭で作業を進めてみて、
自分の責任で、立ち上がれる程度に痛い目を見るしかないのだろうな、
というのが今の自分にとっての結論で、それ以上よさげな考えが浮かばない現状だ。

そんな所に、この【基本は大人になってから】である。ぐうの音もでないほど、正論だと思ってしまった。

この辺の感覚から派生して、抱えるとか安全感とかそんなことにもちょっとだけ思いを馳せた。
まだ言葉にならないので、もう少し寝かせておくことにした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

おやすみプンプン8巻

発売日から二ヶ月くらい遅れて購入した。
南条さんと三度目の出会いだ。
最初の出会いは2巻にある廃工場の場面だ。
小学生のプンプン達が出会ったブサイクな女子学生が多分、南条さんだ。

頭頂部から出血している所、スケッチブックを肌身離さず持っている所、父親との良くない関係を示唆している所から判断した。

二度目の出会いが、プンプンが高校生になった時だ。単行本でいえば6巻か?
で、この8巻が3度目だ。

この時期、異性との関係って大事だよね。
ただ、この先予想すると、プンプンは南条さんに都合のいいように使われて終わるだろうな、という予想。
まぁ、プンプンもかなり都合良く使っている感じがあるからお互い様なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

読書録ver.16 おやすみプンプン7巻

おやすみプンプン7巻
発売日をチェックしていたんだけども、近所の書店には置いてなかった。残念。

どうしようもないと思っていた母親は、最後に強烈な置きみやげを残していった。
悪役の意外な一面に直面化して、苦悩する正義の主人公のようだ。

最終回前のデビルマンこと不動明のような心境かもしれない。
デビルマンは全てを怒りに変えて、最後の戦いに望む訳だ。
悪魔の力を身につけていないプンプンにそんな爆発力はあるわけが無い。
当然だ。
だって、どこにでも居るはずの機能不全家族に育った少年だからだ。

どんどん鬱屈していくプンプンに、その鬱屈を昇華させる機会がやってくることになる。
この機会を生かすことが出来るのか?


「2年後になっても、このままだったら死のう」と主人公に決意させたのだから
クライマックスまで、お話の中で後2年ということになるだろう。

ペガサスさんも後2年でその時が来るって言ってた。
この辺はどういう伏線なんだろうか?

二十歳になったら、かなりの課題が片付きますなんてことはあり得ない。
だからきっちりと話を終わらせるなんてことはないだろう。
ぐだぐだな感じで終わるのも有りだと思う。

どんな終わらせ方になるんだろうか?
雑誌の方でこれまでになく、長期休載をしていたのは
最後まで練り上げる必要があったからに違いない!
と勝手に期待しておくことにする。

で、帯で紹介されていた、水川あさみって誰?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

読書録.ver15

久しぶりに、更新。
3月~4月がかなりの勢いで去っていった。
その中で読んだのがこの2冊。

村瀬 嘉代子 (著), 青木 省三 (著) 心理療法とは何か―生きられた時間を求めて 金剛出版
青木 省三 (著) 思春期の心の臨床―面接の基本とすすめ方 金剛出版

どちらも良い本だ。
何が良いかというのも色々あるだろうから、記憶している限り言葉にしてみよう。
それがこのブログの目的であるのだ。

「心理療法とは何か」から、いってみよう。
この本では村瀬氏の言葉が突き刺さった。
うろ覚えなので、私の記憶の中で改変されていることだと思う。
是非確かめていただいて、私の記憶の改変に、ほくそ笑んでいただきたい。

“セラピーの中だけ見て、それはそれは素晴らしい展開をされていたのですけども
 現実はどうだったのでしょうか?この方が来て、ほんの一つでも良いのです。
 現実世界で楽になるようなことがあったのでしょうか?”

見えぬモノを想像し、尋ね、聴くのは、現実世界で生きやすくなってもらうためである。
週1回セラピーにこられたとして、残りの6日と23時間の方が大事なのだ。
あまりに当たり前すぎて、なんか言葉にすると、違和感を覚えるのだが
実際にやってみると、その1時間があまりにもクロースアップされて、視野狭窄に陥りがちなのだ。
というわけで、これは座右の銘とする。

次は「思春期の心の臨床」だ。
これもまたうろ覚えで申し訳ないのだが
 “如何に安全に暗部を作るか”という内容だ。

 安全な暗部という表現は物騒だが、「大人から見えない自分を作る・出す場所」ということだ。
 そうだ、【たまり場】といえば良いのだ。
 近所のお好み焼きやとか、面倒見の良いおばちゃんがいて……とかそういうシチュエーションだ。

これまた、当たり前のように感じるのだが、管理者側に回ってみると、その状況が怖いのなんのって。
下手すりゃイジメや不法行為がその場で起こりうる(という妄想や危惧を抱くのだ)。

これは、大人達(管理者側ね)の器というか枠というか、そういう意識・不安を
大人達が如何に抱え続けられるか、という課題に他ならない。
自分たちもそういった場を使って成長してきたのだ。

どうしてかは解らんけど、自分たちは良かったけど、お前達はだめ、と言いたくなる自分がいるのだ。
不思議なもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

続・本棚を見てみると

「ラ・ロシュフコー箴言集」 岩波文庫読了。

いや~10年経つと、それなりに読めるようになるもんだと、驚いた。
昔はほとんど読めなかったんだけどね。

そこで、気に入った箴言を羅列しておくことにする。

以下、上記の文庫より、引用。

自分の内にやすらぎを見いだせないときは、外にそれを求めても無駄である。

誰もが自分の記憶力を慨嘆し、誰一人として自分の判断力を慨嘆しない。

われわれは皆、他人の不幸には充分耐えられるだけの強さを持っている。

運命によってわれわれに起きる全てのことに、われわれの気質が値段をつける。

人から受ける強制は、多くの場合、自分自身に加える強制よりも辛くない。

他人に理を見いだそうと思わなくなるときは、すでに自分にも理はない

およそ忠告ほど人が気前よく与えるものはない

仕合わせな人々の慎ましさは、幸運が彼らの気質に与える穏やかさから来る。

自分の秘密を、自分自身が守れないのに、相手に守ってくれなどと、どうして言えよう?

自分の過ちが自分だけにしか知られていない時は、われわれは容易にそれを忘れてしまう。

われわれが不信を抱いていれば、相手がわれわれを騙すのは正当なことになる。

恋の病は先に治るほうが良く治るときまっている。

われわれの妬みは、われわれが妬む相手の幸福よりも必ず長続きする。

同じ頭を使うなら、この先身に降りかかるかもしれない不幸を案ずるのに使うより、
現にわが身に降りかかっている不幸に耐えるために使う方がよい。

気前の良さと呼ばれるものは、おおむね、与えてやるのだという虚栄心にすぎず、
われわれにはこのほうが与える物より大切なのである。

精神の狭小は頑迷をもたらす。そしてわれわれは自分の理解を超えることを容易に信じない

われわれは相手にうんざりしても、その人を大目に見てやることが多いが、
われわれにうんざりするような相手は、容赦できない。

あの男は恩知らずだ。ただし彼の忘恩は、彼が悪いと言うよりも、
むしろ彼に恩恵を施した男の方に罪がある。

年寄りは、悪い手本を示すことが出来なくなった腹いせに、良い教訓を垂れたがる。

もし自分に傲慢さが少しでもなければ、われわれは他人の傲慢を責めはしないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

とりあえず、読書録ver.14

著)村瀬 嘉代子 , 青木 省三 「心理療法とは何か―生きられた時間を求めて」
を親戚の結婚式に参加するための道中で読んだ。
対談形式で進んでいきます。

スゴい。
ここまで来ると、もう、何て言うかぐうの音も出ないわけです。
あまりに謙虚すぎて逆に、鼻についてしまう。

村瀬氏は「あたりまえ」という事をおっしゃられます。
その「あたりまえ」ができている人たちというのはどれくらい居るもんでしょうか……。

沁みる言葉が多すぎて、なかなか痛かったです。
“短い報告、一言でも行けるくらいの報告ができるように準備しておくこと”
という内容がありました。

言葉は短くすればするほど、本質的な記述にならざるを得ないので
常に理解を明確にしておかねばならないということ。

まさにできたらいいな、やりたいな。
一方で、できてないなと感じているところをつつかれているようでした。

はい、修行します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

読書録 ver.13

吉川悟(著) 「家族療法-システムズアプローチの<ものの見方>-」

これを読んでいて、とある事例で変化を起こすことができたという
個人的に曰く付きの本だ。

私が良く陥ってしまいがちな、直線的因果論(親の育児が悪いから、子どもが問題行動を起こしている)からの脱却
を目指して書かれているように思う。
こういう見方は保護者や、クラス担任の教師と会うときには有効な見方になるだろう。

特に親面接をこってりとやらないといけない職場に居る人におすすめしたい。

この本の良いところは、筆者の応答と、その狙い(意図)が逐語的にまとめられた部分があるところだ。
具体的には第2章と3章。やっぱり逐語録は偉大である。

とはいえ、なんどか読み返したけども、さっぱり意図が読めない所もあった。
まぁ、それはいい。実際に会っている人にしか分からない情報などがあるのだから、それは読者がどうこう言わない方が良いだろう。

キーワードに「コンテクスト」(文脈)という言葉。
なんど読んでもイマイチ分からなかった。腑に落ちない感覚だ。
とある場面で、「あぁ、そういうことだったのか」とアハ体験。
スッと入ってくる感覚がたまらない。

驚くのは、吉川悟が35歳位でこの本を上梓したことだ。
はははは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

おやすみプンプン6巻の続き

意味分からんタイトル。

そんでもって、前のエントリの続き。
プンプンママについて、考えてみる。

最後にはガンで死んじゃうんだけども
6巻を読み終わった後、ママに対しての印象変わったんだよね。

ママのこれまでの行動や発言なんかも
第三者的立場で見れば、仕方がねぇかという感じになっちゃう。

第2次性徴の辺りで、ランドセルにマジックで落書きされたりするくらいのいじめに遭っていて、
それをひた隠しにして「自分で解決するんだから」と発言をし、
その後でどう解決されたのかという一番大事な部分が描かれてない。
頼らない、頼れないという構図が透けて見える

1巻で離婚の原因となるDV事件が起きたんだけども
1巻ではプンプンの視点、6巻では両親の視点で描かれていて
1巻で描かれていただけではなかったのだ。
こうなると、誰が悪いと単純に言えない。とても現実的だ。

こんなプンプンママは
雄一君の糞浮気への慰謝料を家を売ってぽーんと払ってしまったり
はるみんに良い説教したりできるのに
なんで、実の息子だけには出来ないのか?

なんでなんでしょう?


哀しいことだし、哀しい人だなぁと思ったのです。


以上。
言葉がつながらなかったので、無理矢理終わらせました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

「おやすみプンプン」6巻と「GIANT KILLING」12巻

詳細は、後ほど。

ちなみにプンプン6巻の中身は良かった。もう少し頭の中で整理をしてから、文章にしてみることにする。

というわけで、ちょっと間をおいて、言葉にしてみる。
まずはプンプンの6巻。
高校生になって順調に周囲にとけ込めないプンプンのお話と
これまでに語られず、ヒール的な印象を与えていたプンプンママの物語。
この二本立てだ。

程度を不問にすれば、プンプンの疎外感は誰しもが抱いて然るべきものだと思う。
その程度が問題だとは思うのだけども。

身体的にはとても健康的なプンプンはまさにやりたい盛り、夢やら精力やらが溢れて垂れている。
それは異性に受け止められるはずもない。
プンプンの惹かれた女の子が、「機能充全家族」に育っていたり、男きょうだいが居なかったり。
輪をかけて分かり合えない要素が満載されている。
当然、プンプンは自分の生育歴なんかを言葉に出来るほど、安全感をもっていない。
一方、女の子は自分の環境が当たり前の物で、それ以外の可能性なんて想像も出来ていない。

互いが十分に自己中心的だし、個々の背景を共有していないことは大きな要因だと思う。
そりゃ高校生という世代であれば、これは当たり前。

破綻するのが明確だけど、もちろん登場人物には分かっているはずもない。
ほんの少しのやりとりで、手のひらを返したようにすれ違う様はとても残酷だけど
現実的にあり得る話なのだろう(来し方を振り返れば、ね)。

女の子の姉が作品を出している美術展で、惹かれる作品がプンプンと女の子で全く違うという状況で
すれ違いを描いているところがよい。

個人的な好みを言えば、この女の子に頬を張られるシーンで、女の子の足がちょっと太めな所に萌えました。

プンプン母については、また別エントリないし追記なりで、対応しようと思います。
依存と自立という課題に最後まで挑み続け、壁を乗り越えられなかった人だと思いました。
まだ電車のなかで1回しか読んでいないので、もう少し時間をかけて読みこみます。

GIANT KILLINGは、さらに後で。
(2010/01/10 少しだけ改変しますた)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 4日 (月)

本棚を見てみると

学生時代に読んだ本がちょこちょこと目に付きます。

しっかりと読んだ本、途中で投げてしまった本もあります。
【一旦投げてしまった本だけど、今読んだらもう少し面白いかも知れない。
今からでも遅くないから、取り戻そう】企画。

で、さっと手に取ったのは、これ
「ラ・ロシュフコー箴言集」 岩波文庫

ビアスの「悪魔の辞典」は読んだのですが、箴言集は後半の「考察」の章で挫折したようです。
しおりが196ページに挟まっていました。
とりあえず、以前ツイッターで呟いた、

吉川 悟 (著) 家族療法―システムズアプローチの「ものの見方」

この次に読む本にしたいと思う。

あくまで、思うだけ、思うだけ……。
強制すれば心理的リアクタンスに殺られるから……。

この後も続くならば、ルソーの「エミール(上)」とか谷崎潤一郎の「刺青・秘密」などに行きたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)