« おやすみプンプン8巻 | トップページ

2012年3月23日 (金)

読書録.ver17 毎月新聞

毎月新聞  著)佐藤 雅彦

久しぶりに書くことにした。専門書でもないけど、かなり面白い(まだ読み切れていないから)。

佐藤雅彦はメディアクリエーターという謎の職業に就いている。
慶應義塾の教授を勤めていたこともあり、現在は東京芸大の教授であるようだ。
ピタゴラスイッチの監修者の一人でもある。

新聞と言っても、毎日新聞の中に月1回連載されたエッセイ集だ。
特に面白かったタイトルと、その一部とを引用させていただくことにする。
蛇足ながら、古本屋でこれを105円で手に入れることが出来たのは僥倖だった。

以下引用 改行は筆者
【基本は大人になってから】

「基本が大事」ということと「基本から教える」ということは単純にイコールではない。

-中略-

基礎こそ、それが基礎であるということがわかるくらいのハイレベルな理解が必要なのである。
小学校でも中学校でも、教わることは沢山ある。その上で、どれが基本的な考え方で
どれが末節な知識なのかという、ウェイト付けのような高度な知的作業は、
自分が小中学生だった時のことを思い出せば、無理なことがわかる。

-中略-

このように、『基本的なことが何故基本的なのか』が自らわかるのは、
一度いろんな事がわかった上での事である。

「基本が大事」なのはもちろんである。しかし同時に、基本を学ぶことは難しい。

-略-

 この記事にはドキリとした。
最近、心理臨床の世界での新人さんと話す機会があってその時の体験とリンクしたからだ。

 新人さんの事例を検討するという勉強会の中だったので、こちらとしてはなるべく
こちらの意図が伝わるように、基礎的なことに焦点化して、わかりやすく説明をしたつもりだった。
ただ、その説明が伝わっているようには感じなかった。
これは相手のバーバル、ノンバーバル、ボーカルな反応を見ての、こちら側の印象である。
そして、○年前には同じような立場にいた、自分の体験でもある。

 経験の無いことを想像する、考えるという作業は人間にとってかなり難しいことなのだろうと思った。
ある程度、自分の手足と頭で作業を進めてみて、
自分の責任で、立ち上がれる程度に痛い目を見るしかないのだろうな、
というのが今の自分にとっての結論で、それ以上よさげな考えが浮かばない現状だ。

そんな所に、この【基本は大人になってから】である。ぐうの音もでないほど、正論だと思ってしまった。

この辺の感覚から派生して、抱えるとか安全感とかそんなことにもちょっとだけ思いを馳せた。
まだ言葉にならないので、もう少し寝かせておくことにした。


|

« おやすみプンプン8巻 | トップページ

読書」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047193/44608340

この記事へのトラックバック一覧です: 読書録.ver17 毎月新聞:

« おやすみプンプン8巻 | トップページ