« このさいだから言っておく | トップページ | 物欲が沸いてきた! »

2010年10月 3日 (日)

読書録ver.16 おやすみプンプン7巻

おやすみプンプン7巻
発売日をチェックしていたんだけども、近所の書店には置いてなかった。残念。

どうしようもないと思っていた母親は、最後に強烈な置きみやげを残していった。
悪役の意外な一面に直面化して、苦悩する正義の主人公のようだ。

最終回前のデビルマンこと不動明のような心境かもしれない。
デビルマンは全てを怒りに変えて、最後の戦いに望む訳だ。
悪魔の力を身につけていないプンプンにそんな爆発力はあるわけが無い。
当然だ。
だって、どこにでも居るはずの機能不全家族に育った少年だからだ。

どんどん鬱屈していくプンプンに、その鬱屈を昇華させる機会がやってくることになる。
この機会を生かすことが出来るのか?


「2年後になっても、このままだったら死のう」と主人公に決意させたのだから
クライマックスまで、お話の中で後2年ということになるだろう。

ペガサスさんも後2年でその時が来るって言ってた。
この辺はどういう伏線なんだろうか?

二十歳になったら、かなりの課題が片付きますなんてことはあり得ない。
だからきっちりと話を終わらせるなんてことはないだろう。
ぐだぐだな感じで終わるのも有りだと思う。

どんな終わらせ方になるんだろうか?
雑誌の方でこれまでになく、長期休載をしていたのは
最後まで練り上げる必要があったからに違いない!
と勝手に期待しておくことにする。

で、帯で紹介されていた、水川あさみって誰?

|

« このさいだから言っておく | トップページ | 物欲が沸いてきた! »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047193/37048461

この記事へのトラックバック一覧です: 読書録ver.16 おやすみプンプン7巻:

« このさいだから言っておく | トップページ | 物欲が沸いてきた! »