« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月 4日 (月)

血のつながりは、良くも悪くも濃い、らしい。

なぜ母親が?大阪小4女児虐待

上記ニュース記事を読んでのエントリ。

いまさら「なぜ?」と問う方が陳腐だ。
どうやら継父や養父の方が虐待は多いと世間一般に思われているようだが
それらはきっと、ドラマとか小説とかそういったものによる誤解ではなかろうかと思っている。

平成16年度 児童相談所における児童虐待相談処理件数等より、
実母の虐待が6割近くを占めている。その次が実父で約2割。
どういう要因(家族間の意志決定システムとか家族状況など)で
「主たる虐待者」という役割を取るようになったのか、は不明なんだけども。

   介入システムを作るなら、現場の児童相談所の職員を倍増くらいはしないといけないよね。
   よその国と比べて、ケース数が多すぎるもん。1人100ケースとかざらにある話と聞く。
   ものの本によれば欧米では受け持ちケースは20程度らしい。
   虐待の程度も違うだろうから、一概にケース数だけで言うのも何なんだけど
   この差はなんだと思うわけです。

愛おしさ・喜び・憎しみ・怒りなどの感情は、きっと関係性が深いほど強くなる(と思う)。
もちろん、殴る蹴るで弱い物をいたぶることが、3度の飯よりも好きという人もいるだろうから
断言は出来ないけども。
2歳児に60度以上の熱湯をかけ熱がって泣くのを見て、母親がおもしろがり、笑い転げていたという
なかなか了解しがたいニュースが最近あったことだしね。
熱いおでんを食べて熱がるパフォーマンスを見て思いついたらしいが、
想像力を斜めに軽やかに超えていった事件だ。

んで、まぁ、実父・実母が多いと言うことは、「一般」と思われる家庭にも虐待の存在が疑われるわけだ。
「なぜ母親?」というよりは、「また」とか「やっぱり」の方が事実に近い表現なのに
実母という言葉にゆがんだ情緒的意味を付与しているように思われて気持ちが悪い。

虐待には特別な事情が必要な訳ではない。どの親でも加害者になる可能性がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

尊大な羞恥心と臆病な自尊心

とは中島敦の「山月記」だが、名言だなぁと思えて仕方がない。

羞恥心と自尊心との順番が前後しているかもしれないが、よほど自分に響いたのだろう。
大学までの現代文の授業で覚えている文章なんぞほとんど無いのに、これははっきりと覚えている。
あとは梶井基次郎の「桜の木の下には死体が埋まっているのだ」というくだりが精々である。

分析的に言えば、青年期に超自我が自我理想により、緩和されるかどうかというお話になるのだが
いまだに自分に対しては緩和されないらしい。

世間に自分は歓迎されていないという主観的な思いは根強く
やっかいな長年のお友達になっている。
これが客観的な事実であれば、それも致し方ないのだが
はっきりと「お前はいらん」といってくれる人も居ないので確かめようもない。
言われればもちろん堕ちるし、言われなくても勝手に堕ちていくという救いのない話だ。

きっと、抑鬱的な傾向が自分にはあるのだろう、と思う。
首さんのような発想ができると
なかなか世の中面白いのかもしれないが、そうは問屋が卸さないようである。
 *2009/05/04 修正。 どうやらリンク先の「ひょっとしたらおれは天才なのではあるまいか」に反応したらしい。
そのことが自尊心などに繋がっているわけでもなさそうである。
文意も旨くとれなかったことに謝意を表明する。

と言うわけで、世間はGWで浮かれていますが、個人的にはdepっております。
こういうときには例外なく、仕事上で難しいことに当たったり、ミスをしたりしている。
そっちの方が寄与率は高いのかもしれないけど、時間軸では主観的な思いの方が先にあるから
因果関係の矢印をひいてはいけないのだ。

そんな状態ですが、少しでも旨い飯を作ろうとすることは出来るので
そっち方向で自分を元気づけて行こうと思う。いわゆる「Do more」だ。
「上手く行っていないときに、例外的に上手くできていることがあれば、それをもっとせよ」。

というわけで、今日のレシピ。
「大根の鰹節和え」
材料:大根、塩、削り節
(1)大根は、味噌汁一回分くらいを、千切りにする。
(2)大根に塩を適量まぶして、塩もみをした後、絞るって水を切る。
(3)その大根に鰹節を多めにぶっかけて、和える。

ビールや日本酒のつまみにどうぞ。
適度に残った塩気と鰹節のうまみがしみじみと食わせます。
叩いた梅を加えたり、ちょろっと酢をかけても美味しいかもしんない。

唐揚げなどの動物性のつまみを受け付けにくくなった方々にお勧め(したい)です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »