« おまけはいつでも楽しみなのだ | トップページ | 足の予後 »

2009年1月19日 (月)

ドクターに怒られた

元旦に両膝をねんざしたのだが、まだ痛い。
階段の昇降がかなりきついし、正座も出来ない。
就寝時は仰向けになると膝が伸びきるので痛い。

どうしたもんだかと整形外科を再度受診。
「2wも経ってるのに、まだ動かしてないの?それはいけません」
「靱帯はゴムじゃないんです。傷ついた靱帯はある程度テンションをかけてやらないと、その方向に修正されないよ」
「下手すると、損傷部分がどの方向に修復したらいいのかわからなくなって、丸く固くなってしまうから、ずっと痛くなるよ。伸ばしなさい。1ヶ月が限界です。」
「靱帯が切れても固定は10日程度。その後はどんどん動かすからね」
「足で見えない壁を押すような動かし方で、風呂上がりとかに伸ばしなさい」
<痛いのを恐れたら、だめって事ですか?>
「そうです。だめです。」

と触診すらなく、叱られて診察は終わりました。
「リハビリしたら、少しはのばしやすくなるかもしれないから、ちょっとやっていきましょう」
ときちんとクリニックの収入に貢献もして参りました。

「しんどかろうか、必要なことはやれ」、というシンプルなお叱りでした。
考えてみれば、私も良くクライエントを説得しますわ。ええ、同じ文脈で。
がんばってのばしまーす。

|

« おまけはいつでも楽しみなのだ | トップページ | 足の予後 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

かぎかっこの中の医者のせりふを,
自分が「萌え」だと感じる女性のせりふだと思えば
乗り切れると思うよ。

それと,違う記事のことで悪いんだが
すみれ寮は「3月のライオン」に1票。

投稿: すみれ寮 | 2009年1月19日 (月) 18時06分

とても職人的なDrでした。
あまりにもDrの印象が強すぎて
想像力の歯が立ちません。

すみれ寮が楽しんでもらえたら、とても嬉しいです。はい。

投稿: 五。 | 2009年1月20日 (火) 00時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047193/27269473

この記事へのトラックバック一覧です: ドクターに怒られた:

« おまけはいつでも楽しみなのだ | トップページ | 足の予後 »