« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月28日 (水)

個人的に困った話

私、当ブログの他に某SNSにも参加をしております。
その中で、“自称”臨床心理士さんとメールやらコメントやらで交流をさせていただいたことがございます。

“自称”というのはあくまで匿名なので、本当に臨床心理士かどうか証明する術を持たないし、
証明することも求めないという意味です。もちろん私も“自称”臨床心理士です。

SNSとはいえ、いやSNSだからこそ、個人情報ってなるべく載せないものだと思っていたのです。
その方も、「特定されるのは困る」なんて言われてましたし。

でも日記やらコメントやらで、2万人近い臨床心理士から
相当絞り込めるような記述をされているんですよね。
本当の資格ホルダーだとしたら、の話ですが。

一体何考えてるんだろうと、かなり引いたわけです。率直に言って、「この人、馬鹿じゃなかろうか?」と。

リアルでも困った人が居るのに、さらにSNS(ネット)でもか、と。

私もとっとと脱ければ良いんでしょうけど、怖いもの見たさで生暖かく見守ってしまっています。

で、首さんどうですか?一緒にやってみませんか?と個人的に投げかけて、唐突に終了する。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

足の予後

先だって、Drに叱られたばかりである。
ずっと痛いのは嫌なので、早速実行。
ちょっと痛いんですけど!など文句を言いながら数日間。
負担をかけすぎないよう意識しながら、なるべく動かす。
タイツをはいて、下半身の冷え防止対策も万全。
ついでに貼るカイロも膝へ使用する。


ほう……確かに……。
動かしたりのばした方が、痛みは軽減し関節可動域は広がっている。
ほうほう、なるほど、効果を実感。

いや、本当に良い感じです。
もっと早くから教えて欲しかったよ、リハビリの仕方を。

というわけで、両膝はわりと良い感じです。はい。

ではまた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

ドクターに怒られた

元旦に両膝をねんざしたのだが、まだ痛い。
階段の昇降がかなりきついし、正座も出来ない。
就寝時は仰向けになると膝が伸びきるので痛い。

どうしたもんだかと整形外科を再度受診。
「2wも経ってるのに、まだ動かしてないの?それはいけません」
「靱帯はゴムじゃないんです。傷ついた靱帯はある程度テンションをかけてやらないと、その方向に修正されないよ」
「下手すると、損傷部分がどの方向に修復したらいいのかわからなくなって、丸く固くなってしまうから、ずっと痛くなるよ。伸ばしなさい。1ヶ月が限界です。」
「靱帯が切れても固定は10日程度。その後はどんどん動かすからね」
「足で見えない壁を押すような動かし方で、風呂上がりとかに伸ばしなさい」
<痛いのを恐れたら、だめって事ですか?>
「そうです。だめです。」

と触診すらなく、叱られて診察は終わりました。
「リハビリしたら、少しはのばしやすくなるかもしれないから、ちょっとやっていきましょう」
ときちんとクリニックの収入に貢献もして参りました。

「しんどかろうか、必要なことはやれ」、というシンプルなお叱りでした。
考えてみれば、私も良くクライエントを説得しますわ。ええ、同じ文脈で。
がんばってのばしまーす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

おまけはいつでも楽しみなのだ

さて、前回腕時計を購入したのだが、実はamazonで購入した。
そのさいポイントがついて、累計が4000ポイントを超えた。

さて、ここで本筋。このポイント、何に使うべきか?
専門書は? No! No!No!No!No!No!
あれは身銭を切るべきもの? Yes!Yes!Yes!Yes!Yes!Yes!

ここは趣味に走るべき?Yes!Yes!Yes!Yes!Yes!Yes!

手回しのコーヒーミルはどうだ? No! No!No!No!No!No!
台所には置き場が無いからですか? Yes!Yes!Yes!Yes!Yes!Yes!

もういっそのこと漫画にしちゃう? Yes!Yes!Yes!Yes!Yes!Yes!

GIANT KILLING
とか
聖☆おにいさんとか
3月のライオン
とか

もう考えるだけで、脳内麻薬がドッパドッパ出てくる感じ。
こういうときが一番幸せか?

今のところ、候補はこんな感じだけど、もしお勧めの漫画があれば、じゃかすかコメントをください。
あ、「おやすみプンプン」と「もやしもん」は目下購入中です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

鳥ハムのレシピ確定!

以前も記事にしたのだが、我が家の鳥ハムレシピが確定したので記載しておくことにした。
こんな弱小サイトにも「鳥ハム」の検索語でこられる方が居られるようだ。

材料
 鶏胸肉 2枚 (500g強を想定)
 調理用のタコ糸

下味用
 塩・蜂蜜:胸肉1枚につき、小さじ1強。
 こしょう:適宜
 好みのスパイスがあれば。パセリやローズマリー、ローリエを入れて漬け込んでも良いと思う。

1:胸肉をボウルに入れて、蜂蜜→塩→胡椒やスパイスの順でなすりつける。
2:なすりつけた胸肉をビニール袋に入れ、空気を抜いて、口を縛って、3日間冷蔵庫へ。
3:冷蔵庫から取り出して、1時間ほど塩抜き。塩抜きは1.5%位の食塩水を使う(むかえ塩)。
4:キッチンペーパーなどで水気を取って、料理用タコ糸でぐるぐる巻きにする。
  均一な大きさになるように、形を組み合わせる。
5:110度のオーブンで50分くらい焼く。胸肉1枚につき25~30分の計算。
  肉を押してみて、ぶよぶよしなければ多分中まで火が通っていると考えて良い。

 焼けたら、オーブン内が室温程度になるまで数時間は放って置く。
 焼き上がってすぐに切ってしまうと肉汁が流れ出るので、冷めるまで放置は絶対条件。
 室温程度に冷めてから、タコ糸を取って冷蔵庫へ。

 一週間程度は持つが、なるべく早めに食べきる。
 ビールや酎ハイ、ハイボール、ワインなどでどうぞ。
 旨いですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

新年早々、やってもうた。

エントリの中身は後日追記。
ちょっと痛い話。

帰省中、というか元日、自分が小さい頃に遊んでいた近所の公園に息子を連れて行った。
そこには大きなすべり台があって、すべり台が好きな息子が喜ぶだろうと思ってのこと。
Suberidai




↑これがそのすべり台。

最後の1回を滑ったときに、悲劇は起こった。
子どもを股ぐらに座らせているので、自分の股関節は開き気味だった。
で、下についたときに足でブレーキをかけようとした、まさにその時!
つま先を巻き込んで、M字開脚のような姿勢になってしまった。
子どもは無事だったのだが、両膝が外側(がいそく)方向に開かれてしまい
思いっきり膝をひねってしまった。
なんとか帰宅して、RICEを実行。
Rest(安静)、Ice(アイス)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)の頭文字ね。

強い腫れや鎮痛剤を使わなければならないほどの痛みはなく
靱帯の断裂や大きな内出血はないものと自己判断。
だが、膝を曲げるのに10秒くらいかかる。まともに歩けない。
体を動かすと痛みが走る。

次の日。1/2。1日経っても腫れはなく、ちょっと一安心。
当番医を受診。まともに動けないので、初めて車いすに乗る。
少しだけwktk。
外科で専門外だったのだが正月では早々贅沢は言えない。
皮膚科や耳鼻科のDrではないだけ、まだ患者側に安心感はある。
大きな腫れや関節の動揺はないため、Drは靱帯を痛めたという程度だろうと判断。
「やっちゃったねぇ」と慰めの言葉を頂いた。
週末まで様子をみて、痛みが引かない、熱が引かないなどの症状があれば
再度受診をするようにとのこと。
わかりやすい説明に納得と感心。対人サービスに従事するものとしては、かくありたいと思った。

1/4現在、痛みは随分和らいでいます。それなりに歩けるようになっています。
ただ、日常生活には支障があるので、初出勤は休んでしまいました。
いつになったら、階段を痛みなく昇降できるようになるのでしょうか……とほほ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

今年(H20)の総括と来る年(H21)に向けて

とりあえず、タイトルのみ。
エントリの中身は後日追記

1/3 追記

というわけで、H20の総括をしてみよう。
1:良かったこと
 ・事例論文を一本紀要に投稿した。
 ・2年目の職場で、リラックスして過ごせるようになった。
 ・多少なりとも、受理したケースの短期的見通しをもてるようになった。

2:残念だったこと
 ・後から思い浮かぶような、全体を見渡した応答を、面接の場で出せなかったこと
 ・ケース検討などで、自分の意見や質問などを飲み込んでしまうことがあったこと
 ・残業が多く、他人様の子育てばかりにコミットしてしまったこと

上記を鑑みて、H21の目標を今ここで考える。
 ・治療同盟、特に親との繋がりを細くとも続くように考えてケース運営をする。
 ・職員同士のコミュニケーションを促進する。特にケースの理解と見通しを共有できるようにしたい。
 ・他人様のではなく、自分の子育てにコミットする。
 ・妻とは仲良くする、自分の生活が妻なくしては成立しないことを強く意識する

こんな所かな。
あと趣味については
 ・らっきょうをつける
 ・梅酒もつける
 ・焼酎を絶やさないようにする
 ・常備菜のレシピを1つ増加させる
というところで、H21を見切り発車します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »