« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

父との出会い

備忘録。
たった今、自宅に戻る。
書きたい内容ですが、エントリの中身は後日追記。

とりあえず、内容を書く。

このクリスマスに、我が家の財務省へ第1次補正予算案提示したところ、予算が下りた。
今まで14年くらい同じ腕時計を使っていたこともあって、
「そろそろ大人らしい腕時計をしてもいいじゃんね」と財務長官の弁である。
大人らしい腕時計とは、どういうものなのか試しにGrand Seiko ではどうだろうか?と提案したら、一蹴されてしまった。
Grand Seikoの中ではかなり安いのに……。

結局、購入したのはこれ。Seiko SPIRIT SBTM011である。

・時間の切り売りをするという仕事柄、電車通勤ということ、などから電波時計
・ソーラー電池によるメンテナンスフリー
・大小の月を勝手に判断してくれるパーペチュアルカレンダー
・水をさわることがあるので、10気圧防水
などはとても便利な物だ。ルミブライトがついていないのは、残念だが仕方がない。
・盤面がブルー。これは、ちょっとした洒落っ気だ。

話は変わって、父が死んで10年程。実家に帰ってごそごそしていたら、父の腕時計が出てきた。
もう電池も切れていて、埃まみれで、ステンレスのくせにさびも出ている。
自分も新しい時計を買っていたので「どれどれ」と確認をしてみる。その時計がこれ。
Watch









よく見ると同じSeiko SPIRITのシリーズだった。
古くて、型番もわからないし、当然カタログからも落ちている。

あんまり、いや、全く服装に気を配らない人だったので、適当に購入したのだろう。
ただ、とてもシンプルな腕時計だったので遺産としてもらっておくことにした。
なるべく早く修理に出して綺麗にしてもらおうと思っている。

親子で同じ物(厳密には違うけどさ)を使うのも、なんか因縁だなと。
何となく嬉しいような心持ちになったのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

帰省と副鼻腔炎

約600kmを運転して、昨日実家に帰省。
途中寄り道をしたのに、恐ろしいほど高速道路が空いていて
予想よりも2時間近く早く着いた。
びっくりした。
「明日は社会実験で通行料無料になるから、今日はみんな自粛しているんだろうか?」
という妄想が出てしまったくらいだった。
 
そんでもって、運転中に調子悪いなと想ったら、鼻の周りが痛い。
ああ、これはきっと副鼻腔炎の再発だ。
今年になって3回目だな……。しかもこんな時期に……。
地方の医師会のHPで明日の当番医を調べなくっちゃ。
 
いや、その前に保険証を持ってきたかな?
確認しなければいけない。
還付?はあるにしても、10割負担は洒落にならない。

帰省早々にブルーな気分になってしまった。
やれやれだ、まったく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

ビール飲み比べの巻

前記事でビールがあたったことを書きました。
なかなか時間が無くって、味わう時間をとることが難しかったのですが
とりあえず、素面で1本ずつ飲みました。
いや~、ロハって本当にいいものですね。

まじめにいきましょう。
時代順に「明治のラガー」から。
とても力強い、コクのあるビール。これぞビール!という感じです。
材料は麦芽とホップのみ。色はやや琥珀かかった黄色。
ドイツとかで飲むビールみたいでした(ドイツには行った事無いですけど)。
茹でたてのソーセージにマスタードをつけて、ガブリとかんで、数回咀嚼した後
がーっと流し込むと肉の脂にまけずに、麦の味が主張する、そんな感じ。


次「大正のラガー」、色は明治に比べて、薄く黄色っぽい。
炭酸もやや薄いのか、グラスに注いでもあまり泡は立たない。
原材料に米が入っていて、少し味わいは軽くなっています。
明治ラガーと比べてスッキリ感、喉越しはさわやかです。
缶の外見はこっちのほうがかっこいいです。
例えば、春巻きとか、野菜のてんぷらなどと相性がいいのかもしれません。

そうそう、どちらも苦味は普通の麦酒よりも強いです。
発泡酒とか雑酒第二種とかを、普段は飲んでいるものですから
麦酒との違いを明確に感じますね。
発泡酒等はそういうものとして飲むには、悪くないですが
麦酒らしさでは、勝負になりません。当たり前ですけど。

私はコクのあるものが好きなので、麦酒だけで判断すると、明治に一票、かな?

この麦酒の違いですが、は明治から大正にかけて、
麦酒の醸造方法が大きく進歩したということなんでしょうね。
きっと明治だから、外国から技師とかを呼んだのでしょう。
そこから、和魂洋才で、米を使った麦酒作りに取りくみ、
商品として出せるよう日本人の好みに合わせられるようになったのが
大正時代ということなのだ、きっと。

おっと、醸造技師たちにまで思いをめぐらせてしまったぜ。
ではこの辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

ビールが当たりました!

タイトルどおりなのですが、麒麟麦酒のキャンペーンに応募していました。
ブログパーツを貼り付けること、当たったときには味についての感想を記事としてupすること
以上2点が応募の条件でした。
ジョッキの辺りをクリックすると、当該のブログへジャンプします。

「まぁ、あたりゃしねぇだろうが」とダメもとで応募していたところ
先日、なにかが届いているではありませんか。
(我が家には宅配ボックスなるものがあって、不在時でも荷物の受け取りができるのです)

大きさ的にはビール6缶分ですよ。もう、わくわくしましたね。
大学生時代に、サントリーのカクテルバーで「愛だろアロハ」が当たって以来のプレゼント当選です。
厳密に言えば、このビールはキャンペーンであって、プレゼントではないのだろうけども嬉しいものです。

Beer

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

事象関連電位 改め 事象関連体勢

タイトルは心理学用語なので、わからない方でも問題ないです。
以下“事象関連電位”(event related potential)とは全く関係のない文章になります。
一応お断り。

寝る前に突然思いついた。事象関連体勢 (event related position)だ。
どちらも略せばERPだ。造語癖の端緒となるのだろうか、ややそんな自分に興奮気味だ。

同僚が今年度で退職することになった(した、の方が正しいのだろう、きっと)。
次年度から、違う職場での勤務が決まっていた。
聞けば、色々な都合が絡んでいた。

同性、同年齢で、仕事の上でも関わりが色々ある方だ。
正直、ショックだった。
ショック?いや、驚いた、もしくは動揺したと言うべきかもしれない。

誰しも、一身上に都合の一つや二つはある物だ。
べつにそんな都合が動揺の理由ではない。

では何か?と自問する。

自分は実家と職場が離れている。
そんな状況もあって

「お前は、将来どうするつもりだ?」
とか
「自分自身のキャリアパスをどう考える?」
もっと有り体に言えば
「あんた、いつまで今の職場で働き続ける?」
など支払い猶予していたことを、この機会に改めて直面したのだ。

別にスカウトされる程の腕も人脈もないので
「続ける?」なんて高飛車な自問ができるような身分ではない





な。

まぁ、ビールでも飲んで、少し今の気分に浸ってみようかな。

あぁ、まとまらない。

事象に関連した、心的体勢ということで、無理矢理まとめてみました。
防衛方法が固定しつつあるのかもな。

 H20.12.10 言葉遣いがおかしい部分を訂正しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »