« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月13日 (月)

第二稿!

時間がかかったが、第二稿をあげた。

上司のチェックは早かったが、修正に躓いた。
考察の甘い部分を適切にかつサポーティブに指摘してもらえたように思う。
ありがたやありがたや。

その他には表現の仕方についてもコメントをいただいた。
丁寧に読んでもらったみたいで、本当に嬉しいことだ。
有り難しとはこのことよ。

とりあえず、今日は軽く祝杯でも挙げるとするか。
明日は明日で待っている資料作成がある。

あれ、結構忙しいんじゃね?オレって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書録ver.8

著)浅野いにお 『おやすみプンプン』

いい漫画である。1~3巻が発売中。
休刊するヤングサンデーに連載していたが、これからどうなるのか
そういう意味でも、はらはらさせられる。

新井英樹の『宮本から君へ』が好きな人におすすめしたい。
あんまり共通点無いから、好きじゃない人にもすすめたい。

読んでいて『宮本から君へ』を思い起こしたのは事実なんだ。
青臭さをそのままストレートに持ってくる所なんか
そっくりな感じがした。

表現手法が凝っているんだけど、技法に負けていないと思う。
こどもや世の中の残酷さや不条理さがよく表現されている。
中身は上手く説明できないが、買って損はきっと無い。

「自他の違い」がテーマが底にあると思う。
主人公の身の回りに起こることを丁寧に拾っていく。
それは客観的には小さいことでも、主観的に大きかったりする。
誰にでも起こりうることでも、自分にとって、起こったことはオリジナル。

その苦しみや悲しみを、その人なりに抱えて生きている。
そんな日常を描いている漫画だと思う。

個人的にはプンプンのおじさんである
雄一さんが言う今の自分自身についての評価
「納得してるけど、満足はしていない」
というのは迷える青年期にとって蓋し名言。

余談だが、この手の内容には自分はとことん弱い。
たとえば、このへんとかこのへんとかの思春期青年期の悲しみや喜びに
出会ったときには、正直1w程度仕事をする気がなくなったことがある。
雄一編はそういう方向になること、おそらく請け合い。
続刊が楽しみでもあり、少々怖くもある。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

そういえば

休日を使い、盆休みから書き進めていた紀要を先週、脱稿した。

日常業務をこなしながら書き上げるのはかなり大変だったぞ。

文章を読み手に伝わるように書く、ということの何と難しいことか(嘆息)。
一応、完成させた文章は上司に見てもらうことになるが、
原稿が真っ赤になって、「ここ、意味がわかんない」などコメントがついてくるのだろうな、
と思うと憂鬱ではある。

博士課程を中退した頃、評価不安が強かったこと
興味の対象化が上手く出来なかったこと
結果として論文の形で表現できなかったことを思い出した。

しかし、社会人になって数年の経験が
修正情動体験となっている事は確かだな、と実感できた。
もしかしたら、この変化は成長と考えて良いのかもしれない。

こんな事も含めて、自分の行為を振り返るというのはとても重要な事だと思った。
締め切りを守って、よく頑張った、自分にご褒美だ!(スイーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 4日 (土)

紫蘇の実の塩漬け

趣味エントリ。

買い物に行くと、紫蘇の実を売っていた。1袋80円だったので2袋購入。

というのも、2~3年ほど前のこと。
大量にもらった紫蘇の実の始末に困って、塩漬けにしたことがある。
ほかほかご飯にのせると、これがまた旨かった。
そこで、再び作ってみることにした。

まずは水洗いをして、大まかにゴミを落とす。Kc380006





茎をしごくようにして、実を落とす。

Kc380007_2





取り出した実をビニール袋に入れ、
紫蘇の実の重量比で10%以上になるよう、塩を入れる。

適当にもんで、塩をなじませる。

1ヶ月ほど冷蔵庫の奥に放置。

おもむろに取り出して、ほかほかご飯にぱらぱら。

(゚д゚)ウマー(という予定)

紫蘇の香りが好きな人には是非、この季節を逃されないよう、おすすめしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »