« 鯛のゴマだれ丼のタレ | トップページ | 読書録ver.7 »

2008年9月25日 (木)

1本で2度美味しい

最近お気に入りの日本酒がある。
長野は飯田市にある遠藤酒造場の「どむろく」4合瓶で1020円だ。

加水(大抵アルコール度数調整のために行われる)も濾過もしていない、まさに原酒。
酵母が生きてるから、かすかに発泡しており、最初の一口のまろやかさと言ったら
まさにジュースだ。ほんとに凄い。
これが日本酒だとすると、これまで飲んで来たものはまがい物かと思うほどうまい。
樹教授の言葉通り「圧倒的に美味」なのである(「もやしもん」インスパイアです )。

甘めなので、辛口好きな親類縁者のお口には合わなかったようだが……。

で、濾過していないから、酒粕となるものも沈殿しているわけです。
半分以上飲むと、もうどろどろになっちゃうんです。
だから、漉してやり、「日本酒+酒粕」にしてやります。
この酒粕で作る甘酒が、これまた絶品だった。
酒粕を水で溶いてやり、砂糖を適量、煮立てて、生姜をお好みで。
素晴らしいよ、日本酒。日本文化万歳!

ワインの絞りかすは食べられまい、と思ったが
そういえば、ワインの絞りかすから作ったブランデーがあったことを思い出した。

|

« 鯛のゴマだれ丼のタレ | トップページ | 読書録ver.7 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047193/24024217

この記事へのトラックバック一覧です: 1本で2度美味しい:

« 鯛のゴマだれ丼のタレ | トップページ | 読書録ver.7 »