« ビールおいしいです | トップページ | 養生のコツ »

2008年7月22日 (火)

読書録ver.4

久しぶりに書評、というほど立派な物じゃない。
覚え書き程度で。

田中千穂子/著  乳幼児心理臨床の世界 心の援助専門家のために   山王出版

確か10年ほど前の本。
母子同席でのセラピーや「feeding disorder」という概念・障碍について書かれている。

発達分野での仕事をしていた自分にとって、乳幼児に対しては母子(「保護者-児」の意)を
一単位としてとらえるのは、ごく自然なこととして感じられる。
「来談者を適切に理解し、適切な方法で、適切な対応をする」
というシンプルな臨床場面が報告されており、読んでいて興奮を覚えた。

母子並行面接は大学相談室ではよく行われる事ではあるが
何でもかんでも並行で良いという事ではない

なぜ必要なのか、という理解、どうすることが必要なのか、という対応を
常識にとらわれずに考え、そして着実に実行せよというメッセージを感じた本である。


|

« ビールおいしいです | トップページ | 養生のコツ »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1047193/22477109

この記事へのトラックバック一覧です: 読書録ver.4:

« ビールおいしいです | トップページ | 養生のコツ »