« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月30日 (水)

養生のコツ

神田橋條治 著 「精神科養生のコツ」の第一章だけを読んだ。
そこにインスパイアされて、自分を養生するための「気持ちが良い」を集めてみることにした。
自由連想的に書き殴ってみる。

天然藍で染めたジーンズの匂い
オックスフォード地のボタンダウンシャツを着ること(夏以外)
春、秋にバイクでぶらぶらすること
腰痛対策にPTに教えてもらった一連のストレッチ
焼酎のウーロン割りをちびりちびり
ガーゼ生地のシャツを着ること
散髪
『神戸在住』全10巻の一気読み
小島麻由美のスキャットを聞くこと
深呼吸
研修で覚えてきたリラクゼーション方法の実施
カスクのスコッチを加水しては、ちびりちびり
オーセンティックなバーで、ギムレット
ボンベイサファイアの空き瓶を眺める
日付が変わる前に寝床に入る
起こされることのない朝寝
夏のPMに浴びるシャワー
夜勤明けの昼酒
Dr.マーチンの8ホールブーツを履いて歩くこと
おいしい蕎麦を手繰る
普段忙しい曜日に取る年次休暇

とりあえず、5分でこれくらい出てきた。
もっと出てきたら、追加していこう。
後半は養生というよりは願望に近くなってきているけど
まあ、いいじゃないか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月22日 (火)

読書録ver.4

久しぶりに書評、というほど立派な物じゃない。
覚え書き程度で。

田中千穂子/著  乳幼児心理臨床の世界 心の援助専門家のために   山王出版

確か10年ほど前の本。
母子同席でのセラピーや「feeding disorder」という概念・障碍について書かれている。

発達分野での仕事をしていた自分にとって、乳幼児に対しては母子(「保護者-児」の意)を
一単位としてとらえるのは、ごく自然なこととして感じられる。
「来談者を適切に理解し、適切な方法で、適切な対応をする」
というシンプルな臨床場面が報告されており、読んでいて興奮を覚えた。

母子並行面接は大学相談室ではよく行われる事ではあるが
何でもかんでも並行で良いという事ではない

なぜ必要なのか、という理解、どうすることが必要なのか、という対応を
常識にとらわれずに考え、そして着実に実行せよというメッセージを感じた本である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビールおいしいです

3連休の世の中のはずだが、3連勤。連休など嫌いだ。
ハッピーマンデーなど飾りです。

唐突に本筋。

近所のスーパー(こんな風に書くと首さんに顰めっ面させるのだろうか、百貨店とか超市場と記載しなければならないのだろうか)でビールをかった。
賞味期限が近いということで1本100円だった。
こ、これは買わねばなるまい、と10本購入。ほぼ買い占めだ。
こんな幸運に出会ったことにほくほくしながら、家路を急ぐ。
早速飲む。相方と飲む。ぐびりぐびりと飲みにける。トレビーノもかくや、というほど飲む。
しかしたった3本しか消費できず。
むべ三十路は量より質なるかなとキュウリと味噌をあてにしながら思った。
ビールと唐揚げという組み合わせも少しずつ受け付けなくなってきたのだ。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

読書録ver.3 でいいのか?

書評をしようとしてすっかり忘れていたのを思い出した。

鬼頭 莫宏/著 なるたる―骸なる星珠たる子 全12巻 アフタヌーンコミック

この作者は「ぼくらの」から入ったのだ。
こちらはまだ連載中で佳境に入ってきつつある感じ。

「ぼくらの」「なるたる」も共通しているのは「生と死」のテーマだ、と思う。
自分に有り余る力があったら、それをどう使うか、力にどう使われるのか。
青臭くなりがちなテーマを(なんといっても主人公達は前思春期~只中にある)淡々と描いている。

で、何が良いって彼らを見守る役割を取る大人達。
思いっきり脇役なんだけど主人公の親父さんに対して
かくありたい、と自我理想の対象となってしまった。

物語自体は、ファンタジーと神話とを重ね合わせている。
裏切りも殺人も暴力も強姦もある。
世界は平等ではないし、無垢でもないということを表現しているのか?
確かに世界は無情でもないし、有情でもない。
ただ、そこにあるだけだ。

酔っぱらっていて、訳がわからないが、エヴァンゲリオンより
臭さはないように思われた。

叙情的ではなく、叙事的であるからこそ、より叙情的なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

ハリハリ週末

この2日間の俺。

【土曜日】
半日勤務(実際は4時頃まで仕事)

家へ帰ると、こどもをもてあました嫁が待ちかまえている

こども暴れまくり。

うわー、仕事より大変だよ~

こどもを寝かしつけ、家事を済ませて、1時頃まで発表資料作成。

【日曜日】

朝7時、こどもの目覚めに合わせて起きる(起こされる)

こどものうんこおむつを相方と協力して交換。

ドラッグストアとスーパーへ買い出し(荷物持ち)

昼飯はそうめん

PMから2時間勉強会

帰宅後、子どもの世話。(相方は珍しくお出かけ)

子どもにご飯を食べさせ、風呂に入れ、寝かしつけ、自分も少し寝る。

帰宅した相方に起こされる(今ここ)

今から発表資料作成の続き………

      r ‐、
      | ○ |         r‐‐、
     _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  良い子の諸君!
    (⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  『家庭を作る』という言葉があるが、
   │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |  原材料は親の自由時間なのだ。
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |
   |  irー-、 ー ,} |    /     i   枯渇しないようにやりくりするのが大人なのだ!
   | /   `X´ ヽ    /   入  |

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »